フィードブログ、本日が最終回です。




先月11月12日にフィードが急逝して、又その4日後には3か月同居していた母も亡くなるという悲しい経験をしました。フィードへ、又母にまで沢山のお花やお供物、メールやお電話も頂戴しお悔やみをいただきました。ありがとうございました。ここであらためまして感謝の気持ちをお伝えさせていただきます。まだフィードや母を失った喪失感に時折襲われて、悲しみに押し潰されそうになりますが、皆様からの想いやお支えに感謝して、これからこの悲しみを乗り越えていこうと思っています。お陰様で1階の和室には母の祭壇を整えお花を、2階寝室にはフィードの祭壇を作り、お花や写真を日々飾らせていただいております。お花のお世話をしていると不思議と気持ちが和み落ち着きます。ありがとうございました。









ありがとうございました♡♡_b0151893_10191330.jpg







フィードを2008年6月29日に我が家に迎えて翌30日から右も左も分からないままブログをスタートして、今日で4558日。12年5か月22日が経過しました。途中更新が滞ることも多かったけれど、何事も直ぐに飽きてしまう私にしては良く続きました。





このブログを通して多くの方とお知り合いになりました。子供たちのママ友さんとは違う入り口からの出会いで、フィードを迎えていなかったら到底お友達になるはずもない、あちこちにお住いの様々な方たちと親しい交わりもさせていただきました。






ブログを始めたきっかけはフィードの成長を記録したい!ブログを見て下さっている方々にも一緒に見守って欲しい!いう気持ちでしたが、途中からは離れて暮らしていた実家の母に、自分の今の生活を見てほしい!元気にしてるよ~!という思いも加わりました。

最初はパソコンも触れなかった母が、たまたまパソコン教室に通いその面白さに目覚め、パソコンから様々な事を検索して楽しみ、デジカメを覚え、写真を撮っては送ってくれるようになりました。そんな中で段々私のブログを見るのが楽しみになったようで、ブログの記事を見て感想をメールしてくれるようになり、それが私の励みにもなりました。フィード君可愛いね!とか作ったパンなどを載せるとすかさず褒め上手だった母から「上手に焼けてるね!凄いね!」とメールがあり、それが子供の様に嬉しかったものです。





ブログの向こう側にいつも居た、その母も居なくなり、又ブログの中心だったフィードも旅立ち・・・ブログもお終いにすることにしました。寂しいです。ブログの更新を含め、フィードとの生活が私の日々の生活の中心だったと言っても過言ではないと思っています。









終わりにあたって色々な思い出が私の頭の中を駆け巡ります。10年に渡って続けてきたオフ会とそこでの全国各地の多くのワン友さんとの出会い、フィードたち同胎ちゃんのお誕生日祝いを兼ねて集っていたお里のお友達メンバー、年に数回私用で上京する用事を口実に集まっていたお友達たち、河口湖へのお花見、秋のぶどう狩り、秋のお泊り女子会、初冬の東京の銀杏並木見学、名古屋オフ会やビワドッグでのオフ会にも参加しました。フィーチロに会いに遠くから遊びに来てくれたお友達たち、パパたちの同級会などざっと考えてみただけでも多くの素敵なイベントが一年中何かしらあり、本当に楽しかったです。出会いのきっかけがこのブログのコメント欄から‥という方も多くいらして、こんな拙いブログも少しは意味があったのかな?と思っています。


ありがとうございました♡♡_b0151893_10352902.jpg
皆様、本当にお世話になりました♪感謝の気持ちでいっぱいです。フィードは居なくなってしまいましたが、フィード地方にお越しの際は良かったらお声がけ下さいね~~。ワン友さんとの出会いは一生の宝物です。これからも仲良くしていただけると嬉しいです。














最後に♪
ありがとうございました♡♡_b0151893_10362922.jpg
チロルちゃん、フィーチロコンビを長年務めてくれてありがとう♡そして猪突猛進型の私にノンビリ優しくお付き合い下さったチロルママさん、お世話になりました~~。チロルちゃんとフィード、ちびっこの時はお相撲とったり追っかけっこして遊びましたね。いつも明るく笑顔いっぱいのチロルちゃんにつられてフィードもチロルちゃんと一緒の時は自然とニコニコスマイルが輝いていました。これからはチロルちゃんの応援隊として、また親戚のおばちゃん感覚でチロルちゃんの成長を見守っていきますのでね~~。いつまでも可愛いチロルちゃんでいて下さいね。











ありがとうございました♡♡_b0151893_13313980.jpg


本日の富士山、ほぼ雲もなく青空の元、明るく輝いています。コロナも終息して元の生活に戻ることができますように~♪





# by fidokunn | 2020-12-22 13:16 | お知らせ♪
元気な時は大の仲良しだったぴこちゃんとフィード。先月11月2日、先にお空に旅立ったぴこちゃん。その10日後にはフィードもまるでぴこちゃんを追いかけていくように慌てて旅立ちました。きっと天国の入り口でちょっと不安げなフィードをぴこちゃんが待っててくれて「フィード君、ボクが居るから安心して!」って笑顔で迎えてくれたことでしょう。広いお空で毎日思いっきり走り回っているでしょうか?思い出いっぱいのぴこちゃんとの事を少し振り返ってみます。






ぴこちゃんとの初めての出会いは2010年2月の終わり頃。




追いかけっこ、楽しんでるかな?♪♪_b0151893_19205578.png
ママ作の下手っぴセーターを着せられての初2ショット♪♪2人とも若い!!フィードはまだ2歳にもなっていないやんちゃなちびっ子でした。










追いかけっこ、楽しんでるかな?♪♪_b0151893_19223574.png
カフェでランチ後、公園で初遊び。初対面とは思えないくっつき度。













追いかけっこ、楽しんでるかな?♪♪_b0151893_19235910.png
フィードもぴこちゃんもノリノリ♡
















追いかけっこ、楽しんでるかな?♪♪_b0151893_19245140.png
この日の初めましてから10年、年に数回お楽しみがありました。









桜の美しい季節には河口湖でおデート。

追いかけっこ、楽しんでるかな?♪♪_b0151893_22000721.jpg
とびっきりの笑顔のぴこちゃん。







ホスト役のお供はいつもチロルちゃん。

追いかけっこ、楽しんでるかな?♪♪_b0151893_22025643.jpg







追いかけっこ、楽しんでるかな?♪♪_b0151893_22032131.jpg
フィードも楽しそう♪













この日はお天気も最高!桜も最高に綺麗でママたちも幸せいっぱいの時間でした。
追いかけっこ、楽しんでるかな?♪♪_b0151893_22035215.jpg

毎年の春のお楽しみでしたねー。ビアンコ君も参加してくれた事もありました。ビアンコ君も一緒だった楽し気な記事→こちらこちらも良かったら見て下さいね。










山中湖オフ会にも参加してくれました。ぴこちゃんとは特に忘れられない思い出が沢山♪

追いかけっこ、楽しんでるかな?♪♪_b0151893_22055046.jpg
2013年6月山中湖での様子→こちらから

2013年11月山中湖での様子→こちらから







追いかけっこ、楽しんでるかな?♪♪_b0151893_09431701.jpg
この笑顔の先にはいつもフィードが!♡広~いドッグランでどんなに沢山お友達がいてもフィードの事を見事に見つけて熱烈ラブコール♡













追いかけっこ、楽しんでるかな?♪♪_b0151893_09440400.jpg
フィードもまんざらでもない感じ。嬉しそう♪♪
















秋にも時々お楽しみがありました。

追いかけっこ、楽しんでるかな?♪♪_b0151893_09212170.jpg
黄色に色づいた銀杏並木を見に東京遠征。チロルちゃんやビアンコ君、ピコちゃん、ドルママさんももご一緒したこともありましたね。












追いかけっこ、楽しんでるかな?♪♪_b0151893_09453510.jpg
ここでもやっぱりくっ付いて歩きます。











追いかけっこ、楽しんでるかな?♪♪_b0151893_09484861.jpg
ぴこままさんから送っていただいたお写真。2人とも張り切って元気に闊歩してます。足取りもしっかりしていてこの頃は元気いっぱいだったね






フィードはちびっ子を卒業してからは、お友達とお相撲とったりして遊ぶタイプではなかったけれど、なぜかぴこちゃんにはいつも積極的に遊びを仕掛けたり、テンションアップする存在でした。おっとりしていて優しいぴこちゃんがどっしりと構えてくれていて、受け入れ態勢バッチリだったので心許していたのでしょうか?2人の波長は絶妙な感じでした。いつも見ることが出来ないフィードの一面をぴこちゃんと一緒だと見ることが出来て嬉しかったです。











ぴこちゃんとフィード、今はお空の上で追いかけっこの毎日かな?もしかしたら今年お先に虹の橋を渡ったきらり君、、かたくりちゃん、ベスちゃん、らにー君ともボロちゃん同盟を組んで賑やかにしてるかもね。だから全然寂しくないよね。寂しいのはママの方かな。









追いかけっこ、楽しんでるかな?♪♪_b0151893_09510091.jpg
最後はぴこちゃん、チロルちゃん、ビアンコ君とフィードの楽しそうな1枚で締めくくり。この写真を見ていると不思議とパワーをもらえます。幸せな時間をありがとう!♡


# by fidokunn | 2020-12-19 16:09 | お友達

ようやく決心!

ずっと我が家の納戸にしまってあって、処分できなかったものがあります。





フィードがお空に旅立ってようやく処分する決心がつきました。






山中湖オフ会の看板です。初回からのメンバー、ドルママさんのお手製看板です。
ようやく決心!_b0151893_17320797.jpg






2018年5月のオフ会で皆様から心温まる卒業式をしていただき、10年間続けたオフ会幹事を引退させていただきました。











2009年6月に記念すべき第一回目のオフ会。ドルママさんと「会いたいね~~!」と話が盛り上がり開催の運びになりました。

ようやく決心!_b0151893_17455220.png
これで全員集合!かな?











ようやく決心!_b0151893_17494991.png
ちびっ子フィーチロコンビも大はしゃぎ。ワンコもママたちもすっかりオフ会の楽しさに目覚め?ここがスタートになりました。

















最初は看板など全く思いつかなかったけれど、ある年からドルママさんが制作してくれました。





ようやく決心!_b0151893_17511320.jpg
途中からは名簿を作ることもようやく思いつきました。最後の方では参加者の皆様が大勢で、最初の自己紹介の時に分かりやすいように!と、その場で手でめくるお名前プレートもドルママさんが考案し制作して下さいました。。ドルママさん、アイデアマンでしかも器用。ドルママさんにおんぶにだっこ、すっかり甘えてお世話になりました。











そんな看板一式。幹事を卒業してもどうしても処分出来ずに2年が経過しました。フィードの旅立ちと共に思い切って決心!こうして写真を撮ってブログの記事に残しておくことで気持ちに区切りを付けました。ドルママさん~~本当にありがとう!毎年変わる年月日の数字のプレートを先に送ってくれたり、お世話になりました。











ようやく決心!_b0151893_17583113.jpg
心残りだった看板のことがこれですっきりしました。ホッ♪




# by fidokunn | 2020-12-08 18:15 | 日常

さよならフィード

12年に渡って我が家の家族の一員だったフィード。2020年11月12日(木) お空に旅立ちました。




まさか、こんなに早く別れがくるとは全く想像していませんでした。母の介護生活に忙しくしていた事もあり、ここ3か月というものフィードだけの写真はほとんどなく、数少ない単独写真。





さよならフィード_b0151893_11185905.jpg
8月下旬、トリミング後のフィード♪いつも通りふわふわにしていただき可愛くなりました。

















バタバタと旅立ってしまった11月12日の日の事を、記しておこうと思います。











旅立ちの12日の朝、いつもの様に2階の寝室から私に抱っこされて起きてきて、すぐさま朝ごはんタイム。ここ一週間くらい前から何となくあれ?食事待ちの時にワンワンすることが無くなっていました。いつもならこの時ばかりは大きな声でワンワンしていたのに。




この日はご飯を見ても嬉しそうにせず、ぷいっと横を向いてしまいました。手でご飯を食べさせるとほぼ完食。ホッとしていると暫くして全て嘔吐。その後腰が抜けてしまったような状態で後ろ脚の様子がおかしい。これは明らかに変!と思い、訪問看護ステーションに電話。看護師さんとヘルパーさんの回数を増やす手配をしてもらい母をお願いして急ぎ病院へ。





コロナ禍でかかりつけ医さんへの通院を控えていた昨今。持病もあるのでその薬の調整がうまくいっていない?血液検査の結果そうではないことが判明。帰宅して~様子見をしていたけれど、ひょこひょこ歩いておトイレに行ったりうんちもしていたので少し安心して母のお世話に戻りました。




夜になって母の状態はだんだん予断を許さない感じになっていました。夜7時半過ぎ、フィードが今まで聞いたことがないような声でキャンキャンと鳴きました。今思うと切羽詰まったような、辛そうな声でした。


びっくりして夜間診療している近くの獣医さんに駆け込みましたが、「う~~ん、これはね~~。難しいね・・。」午前中してもらった他病院での血液検査の結果も見てもらいました。「内臓系は問題無さそうだね。なんとなく脳の病気の様な気がするけれど、このあたりだと一軒だけ調べられる病院はあるけど、直ぐに分かる病気ではないかもね・・・。」とのお話。



迷いつつ家では母も心配な状況だったので、ひとまず今日は帰宅して明日又仕切り直しにしました。




帰宅して遅い食事を取り、フィードが気になりつつ急いでお風呂に入りました。そのころ母のトイレの介助の関係で深夜1時と4時に起きていたので早めの就寝が日課でした。フィードの無事を確認して~大急ぎで入浴したものの、10分ほどで上がってきたら~驚いたことに・・パパに抱っこされてすでに息絶えているフィードがそこにいました。







さよならフィード_b0151893_15511479.jpg










母が私の異変に気が付きフィードの急逝を伝えると、「フィード君に会いたい!」と母。「フィード君、私の方が先に逝きたかったのに・・・なんでこんなに早く逝っちゃうの!」とえ~んえ~んと子供の様に泣いてくれました。私も一緒に泣きました。

















11月15日(日)の午後、札幌から来ていた弟夫婦に母の事を任せてパパと一緒にフィードとお別れをしてきました。





さよならフィード_b0151893_11365622.jpg
小さなお骨になったフィードを連れて帰るとき、夕日に照らされた綺麗な雲が私たちを送り出してくれました。














その翌日16日13時半ころ、今度は母がフィードを追いかけて旅立ってしまいました。










私が忙しくしているのを見ていて、ボクがママに迷惑をかけてはいけない・・と思って大急ぎで旅立っていったのでしょうか。フィード、あまりにも大急ぎ過ぎたよ。ママは君が居なくなるなんて心の準備を丸っきりしていなかったよ。








いつもネンネの時は抱っこして2階の寝室に上っていくのが日課だったけれど、もう君は居ない。根っからの食いしん坊でいつもオヤツの見張り隊長のような存在だったフィードが飛んでくることもない。寂しいよ。でもこれが君の決めた最期の日だったんだよね。今年は沢山のボロちゃんの先輩たちがお空に旅立っていったね。沢山のお友達がが迎えてくれていたからきっと寂しくないね。ママはそう思うと悲しみが薄れるよ。君が居なくて寂しいけど、今しばらく充電期間を過ごして気持ちを整えて、又シャキシャキ動き出すから~心配しないでね。

# by fidokunn | 2020-12-06 12:29 | 家族

母と過ごした三ヶ月

先月16日に天国に旅立った母。いまだに母がいるような感覚にとらわれて寂しさが募る毎日です。


母がこちらフィード地方にやってくると決まったのは急な事でした。今年2月に父が亡くなってからは、優しくお母さんみたいなケアマネさん、嫌な事もテキパキととさり気なく関わってくれたヘルパーさん、タブレットの使い方など教えてくれたマッサージの先生、彼女さんの話が楽しい若い薬剤師のお兄さん、老人部落になってしまったけれどお互い支えあっていたご近所さん、お料理教室をしていた時の助手さんや生徒さん、短大時代からの気のおけない親友Tさん、同じく親友で80歳の現役の女医Tさん、その他多くの心優しい方々に支えられて一人暮らしを貫いて頑張っていました。しかし6月下旬に病気の進行がわかり、心細くなってしまった母。長年住み慣れた北海道を後にしてこちらに来ることを7月に入って決心しました。それから迎える我が家も大急ぎで準備し~ここまで連れてきてくれる弟夫婦の予定と合わせスケジュール調整。8月6日にこちらに無事到着しました。



翌日は母も体調も良く、一緒に市役所に転入届を出しに行きました。立派なK市の市役所にびっくりの母。「都会だね~~!ここで楽しめば良いんだよね!」と明るい母の笑顔を見ることが出来ました。




でも実際はそれからは日々一日一日、ちょっとずつ体調は悪くなってしまい、結局お出かけしたのスーパーに2回、デパートに1回、美容院に1回、歯医者さんに1回、あとは通院に数回のみ。




9月に入って酷いめまいとそれに伴う激しい嘔吐に襲われて救急車で運ばれました。


母と過ごした三ヶ月_b0151893_12433843.jpg
コロナ禍で入院中は面会はできなかったけれど、先生の説明時にはこうして会うことができました。会えると思っていなかったので母は嬉しくて子供みたいに泣き出しました。見知らぬ病院で一人、心細かったのでしょうね。









2週間で退院。そこからは坂道を転げ落ちるように体調が悪化していきました。訪問看護師さんに毎日来ていただき点滴、在宅の先生には週一の往診、ヘルパーさんにも私の不在時や夜間のおトイレ介助に入って頂き沢山の方にお世話になりました。弟夫婦も札幌から月一で顔を見せに来てくれて母も嬉しそうにしていました。











母と過ごした三ヶ月_b0151893_12474504.jpg
体調の良い昼食後のひととき、母のお得意の黒糖のクッキーを一緒に作りました。一人暮らしをしていた時は、このクッキーをいつも常備していてお世話になっている色んな方々に感謝を込めて差し上げていました。この日作ったクッキーも看護師さんや自分の為に来て下さる沢山の方々に差し上げることができてとても嬉しそうにしていました。











母と過ごした三ヶ月_b0151893_12523283.jpg
お向かいのおばあちゃま。母より2歳年上で私の尊敬する人生の先輩でもあります。母を迎えるにあたり、母の良いお友達になってもらえるのでは?と思っていました。一緒に体操の体験も予約していましたが、体調が悪くてご一緒することはかないませんでした。でもいつも母の体調を気遣って下さりこうしてご対面!することもできました。母のクッキーをとても気に入って下さり今度一緒にクッキー焼きましょう!とこの日お約束したのですが・・・。でも母の思いを受け継ぎ今月半ば午後のひと時、私がお教えすることになりました。母も喜んでくれると思います。









母と過ごした三ヶ月_b0151893_12570606.jpg
フィードも一緒にみんなで撮った最後の写真です。フィードはこの5日後にお空に旅立つことになるとは。













母と過ごした三ヶ月_b0151893_12592926.jpg
自宅のリビングから見える富士山を見るのが何よりの楽しみでした。どこにも連れていってあげられなかったけれど、この景色を毎日見られて幸せ~~~!と言ってくれていました。








富士山が綺麗に見える日や、体調が悪くなり見られない時は「写真に撮っておいて!!」と常々言っていました。
母と過ごした三ヶ月_b0151893_13013266.jpg



母と過ごした三ヶ月_b0151893_13014395.jpg

母と過ごした三ヶ月_b0151893_13015800.jpg



今は天国からこんな景色をゆっくり眺めているでしょうか?




More
# by fidokunn | 2020-12-05 14:23 | 家族

いつもはボーっとしているけれど時々見せてくれる笑顔にメロメロの親バカブログです。日々の何気ないあれこれを綴っています♪


by fidokunn